やっぱり行きたい! 沖縄美ら海水族館

美ら海水族館の大きな

リピーターも多く今や沖縄を代表する観光スポット。やっぱりもう一回行きたい!と思ってしまうから不思議。圧倒的なスケールで泳ぐ魚たちを見ればその魅力に納得。

ゆっくり歩いて浅瀬~深海へ沖縄の海の神秘を体験!

イノーの生き物たち(タッチプール)

イノーの生き物たち(タッチプール)

サンゴ礁にかこまれた浅瀬(イノー)を再現。ナマコやヒトデを実際に触ることができる。

サンゴの海

サンゴの海

屋根がなく、沖縄の強烈な日差しが差し込むつくりの水槽。サンゴの大規模飼育展示を見ることができます。

熱帯魚の海

熱帯魚の海

沖縄周辺に広がるサンゴ礁域の環境が再現されている。熱帯魚たちを自然に近い状態で飼育しています。

サンゴの部屋

サンゴの部屋

サンゴ礁に生息する危険生物を分かりやすく解説するコーナー。模型と実物を並べて紹介。

水辺の生き物たち

水辺の生き物たち

沖縄の淡水域に生息する生き物を集めた展示エリア。ボウズハゼ、ヤシガニなどがいます。

美ら海シアター

美ら海シアター

沖縄の美しい海にすむ様々な生き物たちの生態や、沖縄の人々と海との関わりを、ハイビジョン映像で紹介。

サメ博士の部屋(危険ザメの海)

サメ博士の部屋(危険ザメの海)

標本などの豊富な資料と実物で、サメ類の本当の姿を紹介している。写真は古代ザメのアゴ(復元模型)

“黒潮の海”水槽

世界最大級の水槽

世界最大級の水槽

高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmの巨大アクリルパネルを使用した大水槽では、ジンベエザメやマンタなど多種多様な魚を見ることができます。

黒潮探検(水上観覧コース)

黒潮探検(水上観覧コース)

大水槽の魚を水面上(バックヤード)から自由に観覧できる人気スポット。1Fジンベエ・マンタコーナーから専用エレベーターで直接行けます。10:00~閉館まで。(入場は閉館30分前まで)
※ただし14:30~17:30は作業のため観覧出来ません。

アクアルーム

アクアルーム

天井が半ドーム状のアクリルパネルなので、座って下からのんびり観察できます。

カフェ「オーシャンブルー」

カフェ「オーシャンブルー」

「黒潮の海」大水槽を優雅に泳ぐジンベエザメなどを眺めながら軽食が楽しめるカフェ。人気のカフェだけに席取りは大変、朝一が狙い目ですよ。

深海への旅

深海への旅

水深200mを超える沖縄の深海を再現。不思議な姿をした生き物や珍しい生き物に出会えます。

水族館周辺の無料スポット!

オキちゃん劇場

無料で楽しめる大人気のイルカショー

海をバックにしたオキちゃん劇場では、人気者のイルカ達のダイナミックなハイジャンプやユーモラスなダンス・コーラスなどが楽しめます。
ショータイムは1回約20分程度(1日5回。10月~2月は4回)。
併設するプールではガラス面から水中のイルカを観察するダイバーショーも。

沖縄美ら海水族館データ

住所 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地(海洋博公園内)
電話 0980-48-3748
営業 夏期(3月~9月)8:30~20:00(19:00入館締切)
通常期(10月~2月)8:30~18:30(17:30入館締切)
休日 12月の第1水曜日とその翌日
最寄 那覇空港から車で約2時間
駐車場 あり
HP http://oki-churaumi.jp

水族館入館料

個人 団体(20人以上)
大人 1,850円 1,480円
高校生 1,230円 980円
小・中学生 610円 490円

※6歳未満は無料